人気ブログランキング |
bird

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
全体
東日本大震災
古民家再生
自然素材を考える
スイス・イタリア視察
オ-ストリア・エコバウ視察
スペイン視察(モデルニスモ)
シチリア島視察
フランク・ロイドライト視察
アンコールワット視察
スリランカ視察
視察・取材(国内外)
まちづくりを考える
デザインを考える
伝統技術
木造住宅耐震診断
薪スト-ブ
手作り家具
美味しいお店
展覧会
お薦めの本・音楽
建築相談
監理のポイント
褒章・受賞
雑誌・新聞掲載
ご挨拶
雑記
ベトナム視察旅行
その他
保育園関係
ルイス・バラガン視察とメキシコ・キューバ
未分類
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログ 無料相談 事業実績 ツイッター フェイスブック カーサココチ
カテゴリ:古民家再生( 76 )
古民家再生の現場
本日午前中、久々に工事中のM様邸(古民家再生工事;城里町)の現場監理に
伺いました。
建物は屋根と構造材のみの姿になり、約1メ-トルほど揚げられていました。
再利用する構造材の検査を行いまいた。大黒柱の根本が腐食していることが分かり
ました。比較的腐食が浅そうなので、数センチ切断し接木をしていただくよう大工さん
にお願いしました。敷居框も一部変形していましたが、何とか残していただくよう併せて
いらしました。古民家再生は少しでももとの部材を残すことが、大切だと考えています。
久々に晴天になり、美しい里山の風景をと期待していましたが・・・・・
花粉症の為、涙目での車窓からの眺めとなってしまいました。

大黒柱を下から見上げています。腐食の状態がはっきり分かります。
a0138757_1939106.jpg

a0138757_19394850.jpg

by ykk-diary | 2010-03-11 19:37 | 古民家再生
解体式に参加
 間もなく工事が開始されます城里町のM様邸において、再生工事に先立ち、工事の安全祈願が
行われました。通常、地鎮祭は外で行いますが、再生工事のため室内にて執り行いました。
築100年を超える建物です。ご家族及びご両親と工事関係者が招かれ、私も参列いたしました。
神棚の前に祭壇が祀られました。宮司さんの祝詞奏上のあと宮司さんと施主のM氏が、解体する各所
を順次廻りお清めされ、その後に玉串奉天を参加者全員で行いました。
室内のせいか非常に厳かな雰囲気でした。困ったことは玉串奉天まで約40分ほど正座していた
為に、いざ自分の番に来てもしびれた足は意思に反して動かず必死に両腕の力で前進し、何とか
2礼2拍手を行いその場をしのぎました。(笑)
工事の様子は進行中物件のブログでご紹介いたします。
a0138757_1426684.jpg

by ykk-diary | 2010-01-31 14:26 | 古民家再生
新年を迎え思うこと
古民家の再生の仕事を初めて10年ほどになります。下の写真は昨日1月3日に撮影した
現在工事中のS邸の写真です。明治末期に建てられた民家を再生しています。
ここは石岡市の宿山崎という場所で、メイン道路の拡張も有りましたが、何とか古民家が
残り古き良き日本の風景を残しています。
ここは私の実家の近所で、子供の頃はごく普通の風景でした。しかし今では魅力的な
風景だと感じています。近くで見ていてもそう思うのです。
車で通りかけの方が、工事中の現場を見せて欲しいと立ち寄る方もおられます。
先の見えない不況のなか、何か目新しいものを探すことに向かいがちですが、足元の資源
を見つけて、それを磨いていくことが魅力ある地域へ再生する道程ではないかと思います。
新年を迎え、私も建築家として、地域の豊かな資源を探して行きたいと思います。
a0138757_947458.jpg
a0138757_9475246.jpg

by ykk-diary | 2010-01-04 10:38 | 古民家再生
瓦屋根
古民家再生工事を行っています。3日ほど前から屋根工事を行っています。70%程度出来上がってきました。やはり日本の民家は屋根の印象が特徴的です。急勾配の瓦の屋根は時間を越えて周囲の自然環境と良く馴染みます。切り妻の屋根は今回の工事で増築した所です。
a0138757_930504.jpg

by ykk-diary | 2009-12-18 09:32 | 古民家再生
NPO日本民家再生リサイクル協会
 本日は久々の東京出張でした。秋葉原から中央線で四谷まで行きましたが、天気もよく
車窓から見るお堀沿いの桜がとても綺麗でした。
出張の目的は所属していますNPO日本民家再生リサイクル協会(JMRA)の理事会があり、
私も一応理事の為、出席してきました。メンバ-は関東、関西、遠くは石川県や山口県、
広島県からも出席されました。
皆、民家を愛する方々ばかりであり、テ-マである「今後の協会としての活動のあり方」に
ついて、活発かつ熱い議論が交わされました。

会の目的である日本民家の再生と、次世代への継承するには、どう活動すれば良いのか
それぞれの立場から意見がでました。この会の特徴は様々な業種や立場の人がいること
で建設業、設計事務所だけでなく、民家が好きだという主婦や学生、将来民家に住みたい
と思っている方、民家を研究している方、現在民家に住んでいる方と様々です。

 まとめとして、大切なのはそれぞれの地域に根ざした活動であり、本部からのトップ
ダウンではなく、本部は主体的な地方の活動をメディア、マスコミなど広報的な側面から支
援していくこと、各地域間の情報交換の場と取りまとめを行うこと。また民家再生の技術的な
専門家集団として社会貢献(本の出版、災害地でのボランティア)を行っていくこととなりました。
4時間ととても長い会議でしたが、刺激的な時間でした。
 終了後の居酒屋での懇親会も、酒が入りなごやかな雰囲気の中にも、気がつくと誰からと
なく話しに熱がはいり、またしても大いにもり上がりました。
民家の話だけで、面識も無く年齢差もあり、住む地域も違う方々がこれだけ熱く語れることに
感心すると同時に、きっと民家には日本人として忘れてはいけない大切なアイデンティティ-が刻
み込まれていているのだと思いました。
私も大切なアイデンティティ-を探すべく活動を微力ながら今後も続けて行きたいなと思いつつ、
夜桜を横目に久々の電車に緊張しながら帰路に着きました。

皆さんお疲れ様でした。これからも宜しくお願いします。
by ykk-diary | 2009-04-11 22:11 | 古民家再生
古民家の相談に伺いました。
昨日、古民家の増改築の相談に伺いました。昨年の建築基準法の改正に伴い
古い建物への増築が難しい状況になりました。
これから、法律と施主のご要望との調整を検討します。
法改正のたびに既存建物、ことに伝統工法には存続が不利となることばかりに思えます。
もう少し理解の有る建築行政にならないものかいつも頭を悩ませます。
by ykk-diary | 2008-07-11 20:54 | 古民家再生
自然素材の家づくり 戻る 進む ページの一番上に