人気ブログランキング |
bird

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
全体
東日本大震災
古民家再生
自然素材を考える
スイス・イタリア視察
オ-ストリア・エコバウ視察
スペイン視察(モデルニスモ)
シチリア島視察
フランク・ロイドライト視察
アンコールワット視察
スリランカ視察
視察・取材(国内外)
まちづくりを考える
デザインを考える
伝統技術
木造住宅耐震診断
薪スト-ブ
手作り家具
美味しいお店
展覧会
お薦めの本・音楽
建築相談
監理のポイント
褒章・受賞
雑誌・新聞掲載
ご挨拶
雑記
ベトナム視察旅行
その他
保育園関係
ルイス・バラガン視察とメキシコ・キューバ
未分類
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログ 無料相談 事業実績 ツイッター フェイスブック カーサココチ
プチ水戸探訪
 水戸の江戸期の空気感を建築的に取り組みたいとの思いで、改めて水戸の
街を散策しました。まずスタ-トに近年整備された備前掘りを見学しました。
備前堀とは、慶長十五年(1610)、初代水戸藩主 徳川頼房の命を受けた幕府の
関東郡代 伊奈備前守忠次によりこの地に造られた、農業用水の導水と千波湖の
洪水対策が目的の水路で、忠次の官位「備前守」からとり備前堀または伊奈堀と
も呼ばれていました。
現在は備前堀周辺は景観整備がなされいます。
~現地解説板より
あいにく雨でしたが、風情はそれなりにありました。もう少しお堀沿いの建物のファサ-ド
も統一感があると水戸の歴史を語る素敵なスポットになるのではと思いました。



続いて大手橋から弘道館
大手橋は弘道館前にあります。
三ノ丸から二ノ丸への橋 幕末に橋を挟んで激戦があった場所で、現在の橋は再興
したものです。


弘道館は水戸九代藩主斉昭公が、藤田東湖や会沢正志斎などの学者の意見を聞いて、
天保12年(1841)に創立した藩校で、藩政改革(いわゆる天保改革)の眼目として、
ロシア、イギリス、アメリカなどの外国勢力が我が国に迫りつつある時、長くつづいた社会
や政治の腐敗堕落を改革して、国家の独立と発展を全うするためには、まず優れた人材
を養成しなければならないと、従来の、幕府や諸藩の学校とは違った構想で造られたの
です。
畳の廊下に座って庭を眺めると、何となく凛とした気持ちにさせられます。
往時の水戸学の空気の一端でしょうか。それとも私の空想なのでしょうか。

続く・・・
by ykk-diary | 2009-07-13 21:57 | 視察・取材(国内外)
自然素材の家づくり 戻る 進む ページの一番上に