bird

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
東日本大震災
古民家再生
自然素材を考える
スイス・イタリア視察
オ-ストリア・エコバウ視察
スペイン視察(モデルニスモ)
シチリア島視察
フランク・ロイドライト視察
アンコールワット視察
スリランカ視察
視察・取材(国内外)
まちづくりを考える
デザインを考える
伝統技術
木造住宅耐震診断
薪スト-ブ
手作り家具
美味しいお店
展覧会
お薦めの本・音楽
建築相談
監理のポイント
褒章・受賞
雑誌・新聞掲載
ご挨拶
雑記
ベトナム視察旅行
その他
保育園関係
ルイス・バラガン視察とメキシコ・キューバ
未分類
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日々の記録です。
by ykk-diary
ブログ 無料相談 事業実績 ツイッター フェイスブック カーサココチ
タイ王国視察
初めてタイ王国を訪問しました。
3泊4日でバンコク市内及び近郊都市とアユタヤを巡り、現代建築、寺院、
遺跡、マーケットなどを駆け足で回りました。
交通手段はタクシー、水上バス、トゥクトゥク、地下鉄、電車(BTS)を駆使しての移動
となりました。バンコク市内は公共交通が整備されており、移動がスムーズに出来ました。

下の写真は初日の午後5時頃のチャオプラヤ-川を走る水上バスからシーンです。
沿岸に次々と建設中の高層マンションが立ち並んでいます。
購入層は地元の富裕層と中国人投資家が多いそうです。
a0138757_14362071.jpg
アジアンティ-ク ザ・リバーフロント
19世紀後半、シャム王国(タイ王国の旧名称)はデンマークのイースト・アジアティーク社がチーク材を海外に送り出すための最初の船着き場となった場所とのことです。
アジアティークは、イースト・アジアティーク社の建物を修復・復元し、広大な敷地内に、総数約1,500もの店舗レストラン約40店舗があるそうです。
しかし、期待していたほど歴史的な雰囲気は残っておらず、横浜の赤レンガ倉庫をもっと雑多な感じにしたアミューズメントパークといった感じでした。

a0138757_14354297.jpg
a0138757_13213802.jpg
散策後に川沿いのイタリアンレストランで夕食としました。美味しかったですが日本と変わらない価格でした。

a0138757_13223199.jpg

アジアンティーク内のカリプソ・キャバレを食事の後に観劇しました。
どのガイドブックにも、バンコクの夜の見どころの一つと書かれていますが、正直
一度みれば良いかな・・・という感想です。金額を考えると特にお勧めはしません(笑)
a0138757_13294097.jpg


アユタヤ遺跡
車をチャ-ターして、早朝にバンコクを出発してアユタヤ遺跡を視察しました。
下部写真は「ワット・ヤイ・チャイ・モンコン」(1357年建立)正面の高い円錐状
の建物(スリランカ様式)は高さ72メートルの寺院で登ることができます。
その下の写真は寺院の上まで登り、降りてくる際の風景です。
町が一望できます。

a0138757_14373186.jpg
a0138757_15270401.jpg
横たわる巨大な涅槃像。昔は金箔が塗られていたとの事。
屋台でお線香とお花を買って仏前にお供えしました。
地元の人々が涅槃像の前で熱心にお祈りする姿がとても
印象的でした。数年前にスリランカを訪れた際も、同様な
印象を持ちましたが、同じ仏教でもルーツの違いで信仰の
考え方が大きく違うものだと感じた次第です。
a0138757_14382208.jpg
a0138757_13112803.jpg
アユタヤ遺跡見学の途中で、チャオプラヤー川沿いにあるタイ料理レストランで
ランチをとりました。アユタヤ名産の川海老のグリルを注文しました。
このサイズ(長さ≒25cm)はアユタヤでもなかなかとれない貴重品との事でした。
上品で繊細な味でした。値段もそれなりに高級でした。
a0138757_13124060.jpg




人気パワースポットの「ワット・プラ・マハタート」
a0138757_14402897.jpg
a0138757_14390814.jpg
a0138757_14411582.jpg

「ワット・プラ・ケオ」(エメラルド寺院)

a0138757_14423982.jpg
a0138757_14430749.jpg
同じ仏教寺院でも日本とは丸で違う宝石をちりばめた装飾過多のデザインに圧倒されました。
モザイク状のタイルや石を組み合わせて張って、その上に金箔をはっている部分もあります。
モザイクのタイルなどは西アジアのイスラム建築の影響もみられると思いました。
a0138757_14435613.jpg



「カオサン通り」電車の路線からは外れた場所ですが、国際色豊かな若者が多く、
洋服や屋台、飲食店、マッサージ店、ホテル等など並び、これぞ東南アジアといっ
た雰囲気に浸れる活気のある通りです。
1時間250バーツ(1バーツ≒3.5円)でタイ式マッサージを受けました。
地元客も多い店でとても上手でした。

a0138757_14445814.jpg

ルーフトップバ-「オクターブ」、話題のスポットに行ってみました。BTSトンロー駅近くの
マリオットホテルの屋上(49F)にあります。
途中で雷が鳴り店じまいとなりました。(笑)

a0138757_14480188.jpg
ホテルを早朝に出発し「ダムヌアン・サドゥアック水上マーケット」に行きました。
バンコクは「水の都」とよばるだけあって、運河が多くこの手のマーケットが数多くあるそうです。
手漕ぎのボートやモーターボートと船も色々あり、場所によっては船で埋め尽くされていますが
暗黙の了解があるようで、うまくすり抜けながら進んでいきます。
ここは観光客がほとんどの様です。売られているものも、日用雑貨、食料品もりましたが、お土産
類が多く見られました。

a0138757_14490017.jpg
a0138757_16324940.jpg




「メークロン市場」国鉄メークロン駅の線路上の市場です。列車が通過する度
(1日4回)に、テント式の屋根を
たたむ珍しい光景を見てきました。見物人の身体すれすれの所を電車が通過し
ます。(徐行運転ですが)
因みにこの電車にも乗車し、その光景を車窓からも見ることが出来ました。
日本人の感覚からすると、危険極まりない事で常識では考えられないのですが、
ここでは日常の光景なのです。世界の広さを痛感しました。


a0138757_14520196.jpg
出発前に皆で記念写真をとりました。
a0138757_13271034.jpg


市場でフルーツの大様こと「ドリアン」を買って食べました。初めて食べましたが本当
に美味しかったです。
ガイドさんによると沢山食べては駄目で、お酒と一緒に食べるのもNGとの事でした。
一緒に行った友人も私も小心者なので、誰もチャレンジする人はいなかったので真意
は分かりません。(笑)

a0138757_16374776.jpg

ナイトマーケット「鉄道市場」です。
衣類、アクセサリー、グルメ、ライブ、バーなどがひしめき合う巨大マーケット。
写真は最寄り駅カルチャーセンター駅隣のデパート屋上から撮影したシーンです。
午後7時をまわっても、場内は屋台のコンロの熱も加わり、40℃気温ぐらいに感じ、
一通り歩いて隣のデパートへ退散しました。(汗)
a0138757_14523970.jpg
タイの方は穏やかな方が多く、タクシーににってもクラクションをあまり鳴らしたりせず、
駅の電車も日本の光景と変わることのない様子でした。
但し、コソ泥のような目に会いましたので(汗)、
基本的には治安も良く良識ある人が多いのですが、タクシー、飲食店、屋台などで支払い
や注文の際は、充分に注意を払った方が良いですね。





[PR]
by ykk-diary | 2018-06-03 16:26 | 視察・取材(国内外)
自然素材の家づくり 戻る 進む ページの一番上に