人気ブログランキング |
bird

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
東日本大震災
古民家再生
自然素材を考える
スイス・イタリア視察
オ-ストリア・エコバウ視察
スペイン視察(モデルニスモ)
シチリア島視察
フランク・ロイドライト視察
アンコールワット視察
スリランカ視察
視察・取材(国内外)
まちづくりを考える
デザインを考える
伝統技術
木造住宅耐震診断
薪スト-ブ
手作り家具
美味しいお店
展覧会
お薦めの本・音楽
建築相談
監理のポイント
褒章・受賞
雑誌・新聞掲載
ご挨拶
雑記
ベトナム視察旅行
その他
保育園関係
ルイス・バラガン視察とメキシコ・キューバ
未分類
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログ 無料相談 事業実績 ツイッター フェイスブック カーサココチ
「ベッル-ノ編」(イタリア)
今日はスイスから再び車で国境を越えイタリアのベッル-ノに向かいます。距離は約400Km、6時間(AM9:30出発、PM4:00到着)を予定しています。また本日は安藤忠雄氏のイタリアでの通訳もつとめた、ベッル-ノ在住の鈴木美果さんとお会いする約束をとっています。

テルメ・バルスを出発、バルスの渓谷も後にします。
a0138757_1694047.jpg

a0138757_16104263.jpg


バルスを出て約150Km、ク-ルを過ぎたwolfgangという峠の町でコ-ヒ-ブレイクと給油、この先の道を確認しました。一路Davosを目指して出発。
a0138757_16283034.jpg


バルスを出て約5時間、スイスの最東西端のまちミュスタイヤに到着。世界最古の「最後の審判」が描かれ、世界遺産に登録された修道院(修復工事中)を見学しました。外観は質素なつくりですが、内部はすべてフレスコ画で描かれていて素晴らしい。谷奥にある秘境の地の修道院ですが、熱心に見学される方々が大勢いました。
a0138757_1633113.jpg

壁画の物語は南東側から始まり、時計回りに進んでいく。この先1.5kmでイタリアとの国境です。
a0138757_16464624.jpg

ベッル-ノ

イタリア北東部に位置するヴェネト州は7県から成り立っているが、その中で最も北にあるのがベッルーノ県。県庁所在地であるベッルーノ市は、人口約36000人で周辺を美しい山々に囲まれた緑豊かな中規模地方都市です。北東は隣国オーストリアのケルンテン州とティロル州と接します。
15世紀初頭から400年間ベネチィア共和国に属し、木材の供給基地として一躍大繁栄をとげます。
また、ベッル-ノは別名「山の小さなベネチア」とも呼ばれていて、現在もこの時代の建物が多く残されています。

ハイウェイをひた走り、予定より2時間遅れの午後5:30頃にベッル-ノ到着。本当に長いドライブでした。
ホテルは18世紀の貴族の館を改装したプチホテルで、鈴木さんのご紹介で予約をしました。
木が随所に使われていて重厚さと気品を感じる素敵なホテルです。スタッフも皆さんフレンドリ-で素敵な方ばかりでした。また、ベッル-ノの高級住宅地の丘の上に立っていて市街が一望できる眺めの良いホテルです。
a0138757_1654093.jpg

良質な森林の産地だけあり、建物に木がふんだんに使われています。
a0138757_013783.jpg

廊下に張ってあった平面図です。
a0138757_0351339.jpg

客室はクラッシックですが、水周りは最新の設備で快適でした。
a0138757_0385973.jpg

ホテルのロビ-で鈴木さんが待っていてくれました。チェックインを済ませ、その後市内の建築物を案内して頂きました。早速タクシ-に乗り、旧市街地の中心部へと向かいました。
a0138757_170247.jpg


以下は鈴木さんの説明によるものです。
町の中心部であるマルティリ広場。回廊の連なる建築物と噴水のある公園にはさまれた細長い広場は、一般車の進入禁止なので、普段からのんびりと散歩を楽しむ市民や観光客でいつも賑わっていて、広場の中ほどにあるサン・ロッコ教会は16世紀建立で、入口の左右にあるフレスコ画も同時期のものとのことでした。
a0138757_23234927.jpg


上品なクリ-ム色したレット-リ宮がひときわ目を惹きました。鈴木さん説明によると1941年に建てられたベネチア・ルネサンス様式で、現在は県庁として使われているとのことです。中央に柱廊と二重窓の美しいロッジアついています。右手に時計塔、中央にあるドゥオモは16世紀のゴシック様式とのこと。ドゥオーモ前広場は堂々とした風格です。2つの長方形の広場が少しずれたようになって、1つの広場を形づくっていました。
広場を歩いていくにつれ、視界に入ってくる風景がダイナミックに変化していくのは見事。
a0138757_22284725.jpg


13世紀に作られたアーチをくぐるとその先にあるのがメルカート広場。元は質屋だった由緒ある建物が今も残り、中世の雰囲気あふれるこじんまりとした広場には、中央に可愛いサン・ルカーノの泉がある。
a0138757_22303623.jpg


ベネチア・ルネサンスのア-チ
a0138757_22322028.jpg


ルネサンス様式のドイオ-ナ門、中央には翼の着いたライオンの像が彫られている。この像はベネチア共和国の印。ベッル-ノでは日本人の観光客は見かけませんでした。おそらく交通の便があまり良くないので、ツア-ではこの街は組まれていないのかと思いました。
a0138757_22332813.jpg

スケジュ-ルがおしていたので、約1時間ほどで足早に街を案内していただきました。この後、タクシ-で約30分ほど走り丘の上の村ルパーゴのレストランへ向かいました。このレストランは鈴木さんとご主人の共同経営のお店なのです。地元のスローフード協会お墨付きのオお店だそうです、この日のメイン料理は地元産豚の炭火焼、ご主人は既に炭を燃やして準備万端でした。この他、パスタ、鈴木さん自家製のなすの漬物も頂きました。勿論、地ビ-ル、地ワインも美味しかったです。
a0138757_235684.jpg

翌朝、ホテルの周辺を散歩しました。写真はホテルの裏側の風景です。
a0138757_2359186.jpg

庭園も優雅に造られています。時間があればゆっくりホテルライフを楽しみたい、そんな気持ちになりました。
a0138757_014614.jpg

窓のデザインも素敵です。
a0138757_024870.jpg

美しい窓周りのレリ-フは良く見るとペイントでした。
a0138757_0303372.jpg

レストランの朝食の風景です。バカンスも終わり、私たち以外は一組の老夫婦だけでした。
a0138757_0164249.jpg

さすが元貴族の館のせいでしょうか、テ-ブルセッティングが朝からビッシとしています。
メニュ-は数種類のパンにケ-キ(イタリアでは多い)、数種類のチ-ズとシンプルですが、
上質さを感じます。感謝
a0138757_081578.jpg

by ykk-diary | 2010-10-03 16:13 | スイス・イタリア視察
自然素材の家づくり 戻る 進む ページの一番上に