bird

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
東日本大震災
古民家再生
自然素材を考える
スイス・イタリア視察
オ-ストリア・エコバウ視察
スペイン視察(モデルニスモ)
シチリア島視察
フランク・ロイドライト視察
アンコールワット視察
スリランカ視察
視察・取材(国内外)
まちづくりを考える
デザインを考える
伝統技術
木造住宅耐震診断
薪スト-ブ
手作り家具
美味しいお店
展覧会
お薦めの本・音楽
建築相談
監理のポイント
褒章・受賞
雑誌・新聞掲載
ご挨拶
雑記
ベトナム視察旅行
その他
保育園関係
ルイス・バラガン視察
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日々の記録です。
by ykk-diary
ブログ 無料相談 事業実績 ツイッター フェイスブック カーサココチ
社員研修視察旅行(ベトナム・2日目)
遅くなりましたが、
年始に行って参りました研修旅行記2日目のご紹介です。

今回の視察旅行は、活気あるベトナムの街を体感すると共に、
ベトナムを代表する建築家である、
ヴォ・チョン・ギア氏の建築を見る事も大きな目的でした。

風土を生かした魅力的な建築をいくつも手掛けている、ヴォ・チョン・ギア氏。
2日目は、その中の一つ、Wind and Water Barへ行って参りました。
a0138757_18291559.jpg

ホーチミン市中心からタクシーで1時間半程のビンズン省にそのカフェはあります。
タクシー移動中も、街の様子が見られるので良い観光になりました。

カフェ&バーに到着です。
a0138757_18212890.jpg

こちらの建物、事前に写真や資料で予習をしていたのですが、
思っていた風景とは、ちょっと様子が違います。。

まず目に入ってきたのは、看板の奥に見える水面。
水面に掛かる緑色のテントの屋根。さらに奥には木々が見えます。
a0138757_183722.jpg

竹に囲まれた趣のあるアプローチを進むと、
a0138757_18375474.jpg

その奥には、森の中でお茶をするような、
屋外のカフェエリアが広がっていました。
a0138757_18381719.jpg

小さな噴水や水草が浮かんだ水面と、竹などの植栽の間に客席が配置され、
木漏れ日の中、ゆったりとお茶の時間を楽しめます。
a0138757_18384834.jpg

カフェの建物自体は、改修中の様子でした。
こちらも、竹構造の建物で、アーチがきれいな建物です。
a0138757_1839697.jpg

a0138757_18392876.jpg

駐輪場も竹構造です。
a0138757_1841825.jpg

水上に掛けられたテント屋根の下には、
Barの客席がありました。(当初は竹構造の建物でしたが、現存しておりませんでした。)
a0138757_18394693.jpg

Barの周囲の水面は、人が座った視線の高さくらい地面より上がっています。
水面がより近くに感じられ、
視覚的にも、体感的にも暑いベトナムの気候を少し和らげてくれる様でした。
a0138757_1840156.jpg

まさに、建物の名の通り、ベトナムの風と水と自然を感じられる気持ちの良い場所でした。
a0138757_18402814.jpg

Barの当初の姿を目にすることが出来ず、
残念ではありましたが、
風土に溶け込んだ、自然に回帰する建物空間の演出を体感でき、
とても貴重な体験でした。


つづいて、ホーチミン市内に戻り、街を散策です。
a0138757_18522854.jpg

観光客にも人気のベンタイン市場に立ち寄りました。
雑貨から食べ物、色々なものがあり、とても賑わっていました。
a0138757_1852454.jpg


ビテスコ・フィナンシャルタワー
a0138757_18533945.jpg

地上68階建て(高さ262M)のこの超高層ビルは、
ハスのつぼみをモチーフとしたデザインとのことです。

49階の展望台に上って来ました。
a0138757_18544318.jpg

ホーチミン市を流れるサイゴン川が眼下に見渡せます。
a0138757_185517.jpg

ビルもたくさん建っています。
a0138757_18551510.jpg


その後、タワーの中にあるフードコートにて昼食です。
a0138757_18555354.jpg

a0138757_18561442.jpg

ベトナムに来て初のベトナム料理とあって、
王道のフォーや、生春巻き、店員さんに勧められた料理名の分からないもの等々、
どれもとてもおいしく頂きました。

夜は、サイゴン川のクルーズ船で夕食を!ということで、
サイゴン川へ向かいましたが、クルーズ船が見つからず。。
勘を頼りに川岸をひたすら歩くと、、大きな船を発見。
a0138757_18563925.jpg

常時停泊している船ではありましたが、
サイゴン川からの風が気持ちよく、
ホーチミンの夜景をバックにした演奏を聴きながらの
ちょっと贅沢な夕食となりました。
a0138757_1857697.jpg


そして、ホテルへの帰り道。
大きな交差点の歩道にある酒場で、
夜になっても静まらない車とバイクを眺めながら、
地元のお酒でもう一杯もまた、ホーチミンの街を感じる良い時間となりました。
a0138757_1858783.jpg


スルメ売りの少年からスルメを購入中です。
a0138757_18582287.jpg


異国の空気を存分に満喫した一日でした。
(3日目につづく)
[PR]
# by ykk-diary | 2016-05-02 13:01 | ベトナム視察旅行
雑誌ノジュール に里海邸が紹介されました。
弊社で設計いたしました、大洗の金波楼本邸「里海邸」さんが、雑誌ノジュール 3月号特集「滞在を特別にする宿」にて、宿泊記が紹介されました。ノジュール公式サイトでもご覧いただけますのでぜひご覧ください。

里海邸掲載ページ https://www.nodule.jp/info/20160302/
ノジュール公式サイト https://www.nodule.jp/

また同号では茨城県桜川市の桜が吉野山に並ぶ東の桜の名所であり、忘れられた桃源郷としてクローズアップされておりますので、ぜひご購読ください
[PR]
# by ykk-diary | 2016-04-04 08:58 | 雑誌・新聞掲載
北茨城市のT邸古民家再生工事を掲載しました。
約10ヶ月の工期で完成しました、北茨城市のT邸古民家再生工事の竣工写真、並びに工事中のブログを掲載しました。ご覧いただければ幸いです。
[PR]
# by ykk-diary | 2016-03-26 12:54 | その他
社員研修視察旅行(ベトナム・1日目)
2016年1月、社員研修旅行に行って参りました。
今年の視察先は、ベトナムのホーチミンです。
急速に発展しつつある活気あふれるベトナムの様子を、
少しずつご紹介して参りたいと思います。

ベトナムに着いて、まず驚いたのは、交通事情です。
バイクの数と、鳴り止まないクラクションの音、
バイクにひかれそうになりながら渡る横断歩道など、
日本では見られない光景と体験でした。
a0138757_12485811.jpg

ベトナムの街なかを歩いていて感じたのは、
街にあふれるお土産品などからも手先の器用さが伺え、
日本人とよく似ていると感じました。
また、とても親日であり、
街には日本語の看板もチラホラ見受けられました。
a0138757_12545985.jpg

a0138757_18244592.jpg


ホーチミンシティは、
フランス統治時代の面影のある建物が多く残ります。

サイゴンオペラハウス
a0138757_17541824.jpg

a0138757_18543532.jpg


また、かわいい雑貨や、おいしい食べ物で溢れています。
a0138757_189494.jpg


そんな街の中心的ストリートであるドンコイ通り散策の起点となる目印が、
ホテルマジェスティックです。
1925年の創業で、改装を経ていますが、コロニアル様式のクラシックで優美な建物です。
早速、偵察です。
a0138757_18164363.jpg


ロビーに入ると豪華な装飾、円柱とアーチの優雅さに圧倒されます。
a0138757_18171541.jpg


ロビーから宿泊室への階段
a0138757_18131224.jpg

a0138757_18531428.jpg


ロビーのカフェで、ベトナムコーヒーを飲みながら、
その優雅な空間をゆっくりと体感することができました。
a0138757_18481519.jpg

a0138757_18483812.jpg

a0138757_18484956.jpg


街を散策した後は、
地元の方で賑わうオープンエアーの洋食店にて夕食をとり、
ベトナム初日、無事終了です。
a0138757_18572385.jpg

a0138757_182337100.jpg

(2日目につづく)
[PR]
# by ykk-diary | 2016-02-22 18:58 | ベトナム視察旅行
風通し
 家の良し悪しを判断する基準に「風通し」という言葉が使われますが、これは日本独特の尺度です。
それは高温多湿の日本の気候では、家において風を通す(循環)ことはとても重要だからです。
そこで日本の代表的なデザインである障子や襖はスライドさせることで、空間を仕切ったり閉じたりして、
部屋の形を柔軟に変えることで、風を誘導し風の通り道を作るに最適な装置となります。
風の循環を考え、季節の変化や、使われ方によって空間を小さく仕切ることも、大きくダイナミックにする
も可能なのです。まさに臨機応変という言葉通りに活躍してくれます。
a0138757_17331721.jpg

(つくば市M邸古民家再生) *一部homifyより文章引用
[PR]
# by ykk-diary | 2016-01-23 18:00 | 古民家再生
和の灯り
 日本家屋の建具に見られる組子や格子が、間接照明を考えるうえで大きなポイントになります。
写真)のように、書院の建具の背後から照らすことで、柔らかい間接的な灯りが室内
へ灯されます。紙を通り抜けた柔らかい光が格子によって陰影がつき、室内に広がりを感じさせ
ることが出来ます。

a0138757_11173955.jpg

(つくば市のH様邸) 文章の一部はHomifyから引用
[PR]
# by ykk-diary | 2016-01-21 10:04 | 古民家再生
臨時休業の知らせ
明日1/7~1/9まで社内研修視察の為、臨時休業とさせていただきます。
その間に頂いきましたメールは1/12(火)以降に、ご返信させていただきます。
ご迷惑お掛けいたしますが、よろしくお願い申し上げます。
[PR]
# by ykk-diary | 2016-01-06 17:14 | その他
謹賀新年
新年明けまして、おめでとうございます。
昨年は、大変お世話になりました。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

[PR]
# by ykk-diary | 2016-01-01 08:52
自然素材の家づくり 戻る 進む ページの一番上に