bird

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
全体
東日本大震災
古民家再生
自然素材を考える
スイス・イタリア視察
オ-ストリア・エコバウ視察
スペイン視察(モデルニスモ)
シチリア島視察
フランク・ロイドライト視察
アンコールワット視察
スリランカ視察
視察・取材(国内外)
まちづくりを考える
デザインを考える
伝統技術
木造住宅耐震診断
薪スト-ブ
手作り家具
美味しいお店
展覧会
お薦めの本・音楽
建築相談
監理のポイント
褒章・受賞
雑誌・新聞掲載
ご挨拶
雑記
ベトナム視察旅行
その他
保育園関係
ルイス・バラガン視察
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日々の記録です。
by ykk-diary
ブログ 無料相談 事業実績 ツイッター フェイスブック カーサココチ
<   2012年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧
「よみがえる蔵」に掲載されました。
当社が設計しました、かすみがうら市のカフェHanana(蔵をリノベ-ション)が丸善出版「よみがえる蔵」に掲載されました。
アマゾンでも購入できます。これから蔵の再利用をお考えの方などには、とても参考になる本だと思います。是非、ご覧ください。

以下、本書より抜粋。
ここ数年、民家と一体になって使われてきた蔵を、再生により住宅や店舗などに利用する例が多く見られるようになりました。蔵という建物が持つ独特の風格や、外観は土壁でありながら内部は柱や小屋組に木材がふんだんに使われていることが人々を惹きつけるのかもしれません。蔵には民家の場合と同様に、歴史のなかで培われてきたすぐれた技術・機能が蓄積されています。蔵が持っている魅力を再発見し再生することにより貴重な文化資産は今日に甦り、行き続けることになるでしょう。
a0138757_12565958.jpg


営業のご案内
場所は旧千代田になります。詳しくは、かすみがうら市五反田261-1 営業時間 11:30-15:00(ラストオーダー2:30) 定休日 日曜日・月曜日.
kazenomiti.blog7.fc2.com/ -17
[PR]
by ykk-diary | 2012-04-27 13:00 | 雑誌・新聞掲載
茨城建築文化賞リフォ-ム賞を頂きました。
 昨年お引き渡ししました、M様邸古民家再生工事(つくば市)が、本年度、茨城建築
文化賞リフォ-ム賞を受賞致しました。施主のM様はじめ、関わってくれた大工さん以下、
多くの職人さん達に、心より感謝申し上げる次第です。私の無理難題な注文に対し、真
摯に取り組んでいただいた、職人さんの協力なしには出来上がらなかった建物です。
 今後とも、スタッフ一同この受賞を糧に更に、茨城の気候風土にあった、未来へ向けた
住まいづくりに取り組んで行きたいと思います。
今後とも、宜しくお願い申し上げます。
a0138757_19135515.jpg

[PR]
by ykk-diary | 2012-04-19 19:14 | 褒章・受賞
世界の名建築:スルタンアフメト・モスク
世界遺産スルタンアフメト・モスク (別名:ブル-モスク):イスタンブ-ル
私が見た建築の中でトップ3に入る名建築です。
1616年に建てられたモスク(イスラム寺院)です。設計はイスラム建築界の巨匠ミマ-ル・スイナンが行いました。スイナンの建築の中でも最高傑作であり、同時にオスマン建築の代表作ともいわれています。直径31メ-トルのド-ムを八本の柱で支える構造で、巨大な建造物ですが見る物に圧迫感を与えない傑作です。
何よりも、最高のモスクとしていまだに市民の祈りの場として、使われ続けていることが素晴らしいと思います。やはり、建築は使われ始めて意味があるのだと思います。
a0138757_96487.jpg

[PR]
by ykk-diary | 2012-04-18 09:07 | デザインを考える
はなのわ保育園が完成しました。
はなのわ保育園が、4月2日に新園舎がオ-プンとなりました。森の中にいるよう
な保育園をイメ-ジして設計しました。園児の曾御爺さんか、そのまた御爺さん
の世代が植樹した樹齢60年から100年位の茨城県産の杉・檜を使いました。
現在外構工事を行っているため、外部の写真は後日、撮影予定です。

入口からホ-ルを見ています。
a0130052_18374080.jpg


中央の吹抜けです。大きな柱は大黒柱のような存在です。子供たちはこの大樹
の周りを飛んだり跳ねたりしています。
a0130052_1839490.jpg

大黒柱は2階の天井まで達しています。柱の足元は子供たちが座れるベンチになっています。
a0130052_18415483.jpg


階段は総檜造りで造りました。緩やかな階段は1歳児の赤ちゃんでもハイハイで
上がれ、遊具のひとつなっています。
a0130052_18464734.jpg


壁と天井には湿度を調節する機能を持つ、珪藻土を左官屋さんに塗っていただきました。
珪藻土の深みのある色と木の温もりを感じて欲しいと思います。
a0130052_1849415.jpg


a0130052_18501934.jpg


a0130052_18521778.jpg


a0130052_18533461.jpg


a0130052_1854331.jpg


a0130052_18555966.jpg


a0130052_18595061.jpg


a0130052_1905278.jpg


開口部は引込み戸となっていて、空間が大きくなったり、小さくなったり
と可変的に使えます。
a0130052_1925943.jpg


階段の踊り場から1階のホ-ルを見ています。木の階段が気持ち良い感じです。
a0130052_1935515.jpg


2階のホ-ル脇の、読書スペ-スです。年長さんの子供たちに一番のお気に入り
の場所となりました。
a0130052_1964518.jpg


2階のホ-ルです。子供たちのロッカ-はベンチとしても使えます。
a0130052_1992913.jpg


遊戯室です、保育の一環にリズム体操を取り入れています。2歳から年長さんまで
一緒に元気に運動しています。ここは2階の為、1階への音の遮音にはかなり神経を
使いました。問題が無い様なのでホッとしました。
a0130052_19443896.jpg


2階のデッキテラスは、セランカンバツを床に張りました。リゾ-ト気分で
もう一つの園庭の様です。
a0130052_1946097.jpg

[PR]
by ykk-diary | 2012-04-17 16:00
岡山へ出張してきました。
 岡山県津山市へ出張してきました。弊社の木製建具を製作してくれています建具会社へ、工程管理や品質管理、また現地の材木状況等を視察してきました。岡山空港から車で約1.5時間で津山市内の工場へ到着しました。事務所内で社長より、会社の沿革について説明を受けたあと、早速、工場を視察いたしました。

岡山県内で伐採された檜や杉の原木が集積されます。
a0138757_18395351.jpg


製材された材木が桟積みされ、前乾燥を行っています。
a0138757_18401932.jpg


温度60℃で数日かけて含水率を13%まで落とします。
a0138757_18404972.jpg


低温乾燥された材料を更に、自然乾燥で全体が10%程度まで含水率を下げます。
全品含水率をチェックします。
写真は検査に合格した材木を、垂直に削った状態です。数回繰り返して垂直にします。
a0138757_1817867.jpg


敷居の形状を確認しました。
a0138757_18505868.jpg


ほぞ穴を開ける機械です。材料の中心部に自暴的に穴が開けられ、接着剤が入れられ
ダボを差し込みます。以前は人のてでやっていたそうですが、機械化によって数倍の加工
量となり精度も各段に上がったとのことです。
a0138757_18492767.jpg


組み立て中の格子戸です。
a0138757_182452.jpg


組み立て中の框戸です。
a0138757_18251227.jpg


非常に高いクオリティの工場を拝見し、また社長初め、社員各位の建具作りに対しての、取り組む姿勢の真摯な態度に触れました。
非常に精度を保つ事が、難しい木製建具ですが、安心して依頼できることを確認することができました。

視察の後は、市内の観光名所を案内して頂きました。その様子は次のブログにて報告します。
[PR]
by ykk-diary | 2012-04-15 18:26 | 自然素材を考える
新事務所で営業を開始しました。
本日、電話・インタ-ネット・FAXの環境がやっと整いました。皆様にはご不便、ご迷惑を
お掛け致しました。看板が取りつくまで、場所が少々分かりづらいと存じます。
お手数でも下記の電話番号までお電話ください。ご案内をいたします。

新住所 石岡市石岡1-1-8 〒315-0001
電 話 0299-56-3246
FAX 0299-56-3248
[PR]
by ykk-diary | 2012-04-10 15:05 | ご挨拶
自然素材の家づくり 戻る 進む ページの一番上に