bird

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
東日本大震災
古民家再生
自然素材を考える
スイス・イタリア視察
オ-ストリア・エコバウ視察
スペイン視察(モデルニスモ)
シチリア島視察
フランク・ロイドライト視察
アンコールワット視察
スリランカ視察
視察・取材(国内外)
まちづくりを考える
デザインを考える
伝統技術
木造住宅耐震診断
薪スト-ブ
手作り家具
美味しいお店
展覧会
お薦めの本・音楽
建築相談
監理のポイント
褒章・受賞
雑誌・新聞掲載
ご挨拶
雑記
ベトナム視察旅行
その他
保育園関係
ルイス・バラガン視察
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日々の記録です。
by ykk-diary
ブログ 無料相談 事業実績 ツイッター フェイスブック カーサココチ
<   2012年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
地味ながら大切な仕事
つくば市で工事中の古民家再生の現場です。
現在、屋根下地の工事を行っています。
写真の銅板は捨て谷という部位の工事状況です。この精度によって、雨仕舞が
大きく左右されます。コ-キングで見えませんが、きちんと柱材に溝を切って
銅板を納めています。
普通はこの部位には雨が流れることは無く、この上の瓦を流れるわけですが、
何十年・何百年という、建築の寿命の中で考えた時に、万が一水が回った場
合の受け皿となる部分です。こうした地味な仕事が建築の寿命に大きく影響
します。とても大切な工事です。
a0130052_14513727.jpg
a0130052_14522671.jpg
a0130052_1453743.jpg

[PR]
by ykk-diary | 2012-01-28 15:12 | 古民家再生
屋越しをしています。
つくば市で工事中のH邸古民家再生の現場です。
長い間で傾いた柱を、垂直に戻すための作業を行っています。傾きの方向がそれぞれに違っていますので、一本一本丁寧に突っ張りをかけて、ゆっくりと戻していきます。
a0130052_20201129.jpg
a0130052_20205581.jpg


垂木と破風板を交換しました。古材と色を合わせるために、墨や弁柄など混ぜた塗料で、古色に塗りました。
a0130052_20231051.jpg

a0138757_20405996.jpg

[PR]
by ykk-diary | 2012-01-18 20:41 | 古民家再生
建て方が完成しました。
三井住商さんの責任施工で約3週間かかった大断面集成材の建て方工事が完成しました。本日より、やっと大工さんが登場しました。現在、屋根の垂木を取付け、野地板を張っています。

東側から見た構造の全景です。全体に高さを抑えることで、近隣の住環境へ配慮しました。高さを抑えても登り梁をつかい、内部の天井高は十分に確保しました。
屋根の上では10人の大工さんが仕事をしています。
a0138757_2081749.jpg

屋根の上での作業風景です。屋根勾配が緩いので作業は比較的しやすいと思います。
a0138757_2084264.jpg

屋根の先端で、破風板を取り付けている様子です。まるで曲芸の様です、職人技ですね。
a0138757_209964.jpg

[PR]
by ykk-diary | 2012-01-11 20:14 | 自然素材を考える
ウィンタ-ガ-デンへ様変わり
昨年引き渡しました島名杉の子保育園さんに、新年の御挨拶に伺いました。写真はその時の様子です。
オ-プンのデッキテラスに、透明の板のパネルが取り付けられていて、ウィンタ-ガ-デンへと様変わりしていました。これで寒い冬でも、テラスはポッカポカに温かい場所となり、子供達も元気に走り回れます。そして暖房費の節約にもなります。
a0138757_20251725.jpg


保育士さんが子供たちに読み聞かせをしていました。外気温は5℃ですが、テラス内は暖房無しでも16℃でした。
a0138757_1053166.jpg


下の写真は以前視察に行った、オ-ストリアの郊外にある先進的なエコの村(ジ-ルンドルンク・ゲルトナ-ホーフ)の写真ですが、各家とも下のようなウインタ-ガーデンを備えていました。
a0138757_20391138.jpg

[PR]
by ykk-diary | 2012-01-05 20:23 | 自然素材を考える
謹賀新年
謹賀新年

 旧年中は皆様に大変お世話になりました。
当事務所もお陰さまで、本年は開設20周年を迎えることとなりました。
地域の皆様に支えられて、ここまで何とか続けて来ることができました事に、
感謝の気持ちで一杯です。
 昨年は東日本大震災、その後の福島第一原発の事故と、これまで経験した
ことのない未曾有の災害にみまわれ、その犠牲の大きさに日本中が戸惑い、
沈痛な思いに包まれた年でした。
今回の震災を通し、私も改めて建築士という仕事の責任の重さと、同時に
その難しさが身に沁みた一年でした。
甚だ微力ですが、少しでも地域の皆様にお役の立てるよう、スタッフ一同、
取り組んで参りたいと思います。

本年が皆様方にとって良い年であることをご祈念申し上げます。
本年もよろしくお願い致します。
[PR]
by ykk-diary | 2012-01-04 16:48 | ご挨拶
自然素材の家づくり 戻る 進む ページの一番上に