bird

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
東日本大震災
古民家再生
自然素材を考える
スイス・イタリア視察
オ-ストリア・エコバウ視察
スペイン視察(モデルニスモ)
シチリア島視察
フランク・ロイドライト視察
アンコールワット視察
スリランカ視察
視察・取材(国内外)
まちづくりを考える
デザインを考える
伝統技術
木造住宅耐震診断
薪スト-ブ
手作り家具
美味しいお店
展覧会
お薦めの本・音楽
建築相談
監理のポイント
褒章・受賞
雑誌・新聞掲載
ご挨拶
雑記
ベトナム視察旅行
その他
保育園関係
ルイス・バラガン視察
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日々の記録です。
by ykk-diary
ブログ 無料相談 事業実績 ツイッター フェイスブック カーサココチ
<   2010年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧
古民家調査を行いました。
本日は、私とスタッフ3名の計4名で、朝からつくばにて古民家の調査を行いました。
つくば地方も朝から夏日でしたが、古民家の室内はひんやりとしていてとても涼しかったです。
当然室内にエアコンはありません。
約5時間かけて調査を行いました。調査内容はこれまでの増改築の状況の把握と現状の確認、
柱や梁などの構造材を天井裏へ登り、寸法や強度、腐食の有無等の確認等を行いました。
小屋裏には茅の残材や養蚕用の棚などが残っており、過去の暮らし方の変遷や時代の変化を
知る事などができました。

古民家再生で大切なことは、事前にきちんと聞き取り調査や、建築の状況を把握すること、
そして過去の暮らし方の移り変わりを理解したうえで、そこから未来の暮らしへどう繋げていくか
だと思います。

これから、本日の調査内容をまとめた上で、あらたな暮らし方の提案を模索します。


a0138757_22183134.jpg

a0138757_22194648.jpg

a0138757_22214531.jpg

[PR]
by ykk-diary | 2010-07-26 22:35 | 古民家再生
こんな感じにつきました。
漆喰の壁に杉材の扉がアクセントになっています。シンプルで木材ならではの清潔感
もあります。
a0138757_8592996.jpg

[PR]
by ykk-diary | 2010-07-21 08:59 | 手作り家具
1級建築士試験頑張ってください。
今度の日曜日は1級建築士の学科試験ですね。うちの事務所でも所員のA君が
受験します。夏の暑い最中での勉強そして試験と大変だと思います。
私も既に18年前になりますが、試験前の緊張は今でも昨日のことのように覚えています。
体調管理に気をつけて、受験生の皆さん頑張ってください。
[PR]
by ykk-diary | 2010-07-21 08:55
絶品のむぎとろごはん
城里町の現場からの帰り道、笠間市内で昼食に食べた麦とろご飯が絶品でした。
きっと地元では有名なお店なのでしょう?笠間稲荷のすぐ脇の狭い露地にある
お店です。お店そのものの外観も、また辺りの雰囲気も一見、京都郊外にある
小料理屋さん、と言ったような静かな佇まいです。まさに隠れ家的なお店です。
偶然に通りかったのですが、素敵な感じでしたので気になって入ってみました。
店内も和風建築の落ち着いた感じで、座敷に上がると窓からは、神社の杜が借景
でき雰囲気も情緒たっぷりです。
地元の食材を使ったは料理は味も器もボリュウムもなかなかで、店員の方も気のきく
方でした。ランチの値段は750円~とリーズナブルで、また行ってみたいお店です。
a0138757_242443.jpg

[PR]
by ykk-diary | 2010-07-18 02:11 | 美味しいお店
杉材でシンプルな洗面化粧台
製作中の洗面化粧台を確認に木工所(石岡市:青木木工所)さんに伺いました。
室内の壁の杉板にあわせたいと思い。杉板を扉とした洗面化粧台をデザインしました。
扉は杉板の無垢材(厚み30mm)に特殊加工で表面に刻みを入れ、シャ-プな
感じと深みのある表情に仕上ました。
金物はドイツのブル-ム社製のソフトクロ-ジングを使用しています。扉は重いのですが
実に滑らかに扉が閉まります。
a0138757_21422729.jpg

a0138757_21425423.jpg

[PR]
by ykk-diary | 2010-07-12 21:47 | 手作り家具
黒船来航の頃(住宅相談)
本日午前中、つくば市在住の方が御夫婦で古民家再生の相談に来られました。
80代の親夫婦、50代のご夫婦、30代の子供夫婦+孫の3世代で暮らす予定との
ことでした。
また、お話しの中で、今のご自宅が完成したのは嘉永5年頃とのご説明がありました。
竜馬ブ-ムの昨今ですが、確か黒船来航の一年前とういことになります、日本の歴史
を変えた大きな出来事が、私の中でにわかに、現実味をおびてきました。

早速、今月末に建物を詳しく調査させていただくことになりました。 調査は構造材の
納まりや、建物の傾きや柱・梁の腐食等をチェックしていきますが、一方で調査を通して、
当時のつくば地方の人々の暮らしや、職人の仕事の様子も観察したいと思います。
[PR]
by ykk-diary | 2010-07-10 17:51 | 古民家再生
日本人の知恵を現代住宅へ
写真は工事中の取手の住宅(K様邸)です。
バルコニ-をすっぽりと覆った深い軒は、とても快適で便利な空間となります。
梅雨の時期でも、窓が開けられ、洗濯物も干す事もできます。そして、夏の
猛暑を抑えてくれる効果があり、まさに日本建築の基本的な考え方なのです。

エアコンやアルミサッシュ、断熱材も無かった頃にも、日本人は自然と共存し
活き活きと生活していたのです。

この軒の深いデザインは200年以上も前の民家の寸法を踏襲しています。
最近は外壁のサイディングやコ-キング、ガラスの性能があがり、ビルの様な
箱型の住宅が増えていますが、日本建築の形は地域の風土や暮らし方を
長年かけて、改良しながら蓄積された知恵であり、とてもエコロジ-で地球
環境にもやさしい効果があります。現代住宅にも積極的に取り入れて行き
たいと思います。

a0138757_7175436.jpg

[PR]
by ykk-diary | 2010-07-10 07:27
地鎮祭に招かれました。
本日、梅雨空の下、地鎮祭が行われました。大洗町で進めてきたプロジェクトも
設計スタ-トからかなり時間を要しましたが、やっと着工を迎えました。
雨を心配して立派なテント小屋の中に祭壇が祀られました。
大勢の来賓や工事関係者が招かれ、地元の大洗磯前神社の宮司様と巫女さんにより、
地鎮祭が厳粛かつ神聖に執り行われました。
これから約10ヶ月間の工期で始まります。夏のハイシ-ズンとも重なります。
工事が無事進むことを関係者の1人としてご祈念いたしました。
a0138757_22585845.jpg

現場の目の前に広がる風景です。
a0138757_22583340.jpg

[PR]
by ykk-diary | 2010-07-06 22:59
古民家の床柱
工事中(古民家再生)の現場です。土間の一角をゲストル-ムにしました。
梁を現した天井と、床の間を設けました。床框、床床、落し掛けは既存
の物を移設して再利用しましたが、床柱は腐食の為、使えませんでした。
古民家に合う床柱がなかなか見つからず、やっとイメ-ジに合ったものが
某材木市場の倉庫で見つかりました、木材は日光杉です。ぴったり納まり
ました。
a0138757_14141370.jpg

[PR]
by ykk-diary | 2010-07-05 14:21 | 古民家再生
自然素材の家づくり 戻る 進む ページの一番上に