bird

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
東日本大震災
古民家再生
自然素材を考える
スイス・イタリア視察
オ-ストリア・エコバウ視察
スペイン視察(モデルニスモ)
シチリア島視察
フランク・ロイドライト視察
アンコールワット視察
スリランカ視察
視察・取材(国内外)
まちづくりを考える
デザインを考える
伝統技術
木造住宅耐震診断
薪スト-ブ
手作り家具
美味しいお店
展覧会
お薦めの本・音楽
建築相談
監理のポイント
褒章・受賞
雑誌・新聞掲載
ご挨拶
雑記
ベトナム視察旅行
その他
保育園関係
ルイス・バラガン視察
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日々の記録です。
by ykk-diary
ブログ 無料相談 事業実績 ツイッター フェイスブック カーサココチ
<   2010年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
鬼胡桃&能登比婆?
 昨日、福島県会津にございます材木屋さん㈱オグラ様が事務所へ営業にいらっしゃいました。
オグラさんは国産材をあつかう材木屋さんで、今回は鬼胡桃(オニクルミ)のフロ-リングと能登ヒバ(比婆)
のフロ-リング及び土台を見せてくれました。
どちらも初めて触れる木々で、とても魅力的でした。
土台はこれまで青森ヒバを主に使っていましたが、近年コストがうなぎ上りで困っていました。
能登ヒバは、石川県産のためかこれまで関東圏にはあまり流通がなかったとのことで、値段も青森
ヒバに比べてリ-ズナブルです。
特徴は青森ヒバ同様で、第一に白蟻や木材腐朽菌に強いこと。耐水性があって湿気にも強い、強度も
ヒノキと同等で、特有の強い香りがあります。
今後はコストが上がっていく可能性が高いとの説明もあり、少しストックしてみることにしました。

左から 能登ヒバの土台、同フロ-リング、鬼胡桃のフロ-リング
a0138757_1511435.jpg

[PR]
by ykk-diary | 2010-01-31 15:13 | 自然素材を考える
解体式に参加
 間もなく工事が開始されます城里町のM様邸において、再生工事に先立ち、工事の安全祈願が
行われました。通常、地鎮祭は外で行いますが、再生工事のため室内にて執り行いました。
築100年を超える建物です。ご家族及びご両親と工事関係者が招かれ、私も参列いたしました。
神棚の前に祭壇が祀られました。宮司さんの祝詞奏上のあと宮司さんと施主のM氏が、解体する各所
を順次廻りお清めされ、その後に玉串奉天を参加者全員で行いました。
室内のせいか非常に厳かな雰囲気でした。困ったことは玉串奉天まで約40分ほど正座していた
為に、いざ自分の番に来てもしびれた足は意思に反して動かず必死に両腕の力で前進し、何とか
2礼2拍手を行いその場をしのぎました。(笑)
工事の様子は進行中物件のブログでご紹介いたします。
a0138757_1426684.jpg

[PR]
by ykk-diary | 2010-01-31 14:26 | 古民家再生
無垢の杉板
写真は現在工事中のS邸で本棚に使う無垢の八溝杉です。
製材時で厚みが40mmほどです、これを大工さんが削って35mm程度に仕上ます。
漆喰の壁に合う本棚の材料を探していました。ぴったりな質感です。
八溝杉の白太は淡いピンクく混じりで実に木肌がきれいです、独特の素朴感と
温かみのある感じが木に入っています。私の好きな素材の一つです。
a0138757_2122087.jpg

[PR]
by ykk-diary | 2010-01-06 21:12 | 自然素材を考える
新年を迎え思うこと
古民家の再生の仕事を初めて10年ほどになります。下の写真は昨日1月3日に撮影した
現在工事中のS邸の写真です。明治末期に建てられた民家を再生しています。
ここは石岡市の宿山崎という場所で、メイン道路の拡張も有りましたが、何とか古民家が
残り古き良き日本の風景を残しています。
ここは私の実家の近所で、子供の頃はごく普通の風景でした。しかし今では魅力的な
風景だと感じています。近くで見ていてもそう思うのです。
車で通りかけの方が、工事中の現場を見せて欲しいと立ち寄る方もおられます。
先の見えない不況のなか、何か目新しいものを探すことに向かいがちですが、足元の資源
を見つけて、それを磨いていくことが魅力ある地域へ再生する道程ではないかと思います。
新年を迎え、私も建築家として、地域の豊かな資源を探して行きたいと思います。
a0138757_947458.jpg
a0138757_9475246.jpg

[PR]
by ykk-diary | 2010-01-04 10:38 | 古民家再生
謹賀新年
新年明けまして、おめでとうございます。
当事務所もお陰さまで、本年開設17年目を迎えます。
昨年は、これまでの集大成として、作品集を出版することが出来ました。
本年もこれまでの経験を踏まえ、少しでも社会に役に立つ良い建物を
つくれるようにスタッフ一同努力して参りたいと存じます。

本年もよろしくお願い申し上げます。
[PR]
by ykk-diary | 2010-01-03 17:33 | ご挨拶
自然素材の家づくり 戻る 進む ページの一番上に