bird

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
東日本大震災
古民家再生
自然素材を考える
スイス・イタリア視察
オ-ストリア・エコバウ視察
スペイン視察(モデルニスモ)
シチリア島視察
フランク・ロイドライト視察
アンコールワット視察
スリランカ視察
視察・取材(国内外)
まちづくりを考える
デザインを考える
伝統技術
木造住宅耐震診断
薪スト-ブ
手作り家具
美味しいお店
展覧会
お薦めの本・音楽
建築相談
監理のポイント
褒章・受賞
雑誌・新聞掲載
ご挨拶
雑記
ベトナム視察旅行
その他
保育園関係
ルイス・バラガン視察
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日々の記録です。
by ykk-diary
ブログ 無料相談 事業実績 ツイッター フェイスブック カーサココチ
<   2009年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
パッシブハウスの幼稚園INオ-ストリア
昨年、9月に視察に行ったオ-ストリアの幼稚園。
ウィ-ンから80Km離れた田園地帯に建つツィルスドルフ幼稚園。
オ-ストリア政府が進める「未来の建築」プログラム(建物の省エネルギ-、太陽光発電、太陽光熱利用をべ-スにエコロジ-と経済性、社会性を両立)に基づいて建てられた。
環境大臣がこの村の出身だったことで健康と環境へ配慮する方針が鳴り物いりで決まったと村役場の建築担当のフィシャ-さんは説明する。(下写真左側)
a0138757_11391934.jpg


クラス数は4クラス、園児は120名。朝食が始まる午前7:00~17時まであづかる。
工事費は約2億3500万円(1ユ-ロ=130円)床面積800㎡。省エネにかかるコストは
国の補助金。
因みに幼稚園は無料(村が7割、国が3割 保護者は負担0)
a0138757_11394573.jpg


教室はメゾネットになっており、インテリアデザイナ-が保育士とともに子供たちの、好奇心と
自立性を促すようデザインを計画した。
a0138757_1140932.jpg


子供たちや子を持つ親がが本当に大切にされている国だな-と感じました。

TO BE COTINUE
[PR]
by ykk-diary | 2009-04-25 19:14 | オ-ストリア・エコバウ視察
木とブロックのシンプルな塀
7年前にお引渡ししましたN様より依頼があり、道路境界線側の塀の設計を行い
昨日完成しました。当初は引渡し後2・3年後に道路工事が始まりそれに併せて
つくる予定でしたが道路工事が遅れ7年の月日が経ってしまいました。

シンプルで通風と採光が得られること、建物とのマッチングを考えデザインしました。
化粧ブロックと温かみのある木製(レッドシ-ダ-)のル-バ-上の格子を組み合わせた
パタ-ンでデザインしました。
Nさん夫妻とホ-ムセンタ-へ出かけ(カタログでは判断がつかづ)色々と探した結果、
化粧ブロックはマチダのユ-キュ-ブという商品で決定しました。
少しコストアップでしたが色、質感とも家の外観と相性がよいのではとのことで私もNさん
も一致しました。

木製ル-バ-は厚みが18mmで30°の角度で30mmの隙間があいています。建物に
合わせガラスブロックをアクセントにはめ込みました。ブロックとガラスブロックの厚みが
違う為、思った以上に施工が大変でした。
a0138757_14283360.jpg


建物全景を見る。バランスは如何でしょうか。
a0138757_1429465.jpg

[PR]
by ykk-diary | 2009-04-20 21:17 | デザインを考える
NPO日本民家再生リサイクル協会
 本日は久々の東京出張でした。秋葉原から中央線で四谷まで行きましたが、天気もよく
車窓から見るお堀沿いの桜がとても綺麗でした。
出張の目的は所属していますNPO日本民家再生リサイクル協会(JMRA)の理事会があり、
私も一応理事の為、出席してきました。メンバ-は関東、関西、遠くは石川県や山口県、
広島県からも出席されました。
皆、民家を愛する方々ばかりであり、テ-マである「今後の協会としての活動のあり方」に
ついて、活発かつ熱い議論が交わされました。

会の目的である日本民家の再生と、次世代への継承するには、どう活動すれば良いのか
それぞれの立場から意見がでました。この会の特徴は様々な業種や立場の人がいること
で建設業、設計事務所だけでなく、民家が好きだという主婦や学生、将来民家に住みたい
と思っている方、民家を研究している方、現在民家に住んでいる方と様々です。

 まとめとして、大切なのはそれぞれの地域に根ざした活動であり、本部からのトップ
ダウンではなく、本部は主体的な地方の活動をメディア、マスコミなど広報的な側面から支
援していくこと、各地域間の情報交換の場と取りまとめを行うこと。また民家再生の技術的な
専門家集団として社会貢献(本の出版、災害地でのボランティア)を行っていくこととなりました。
4時間ととても長い会議でしたが、刺激的な時間でした。
 終了後の居酒屋での懇親会も、酒が入りなごやかな雰囲気の中にも、気がつくと誰からと
なく話しに熱がはいり、またしても大いにもり上がりました。
民家の話だけで、面識も無く年齢差もあり、住む地域も違う方々がこれだけ熱く語れることに
感心すると同時に、きっと民家には日本人として忘れてはいけない大切なアイデンティティ-が刻
み込まれていているのだと思いました。
私も大切なアイデンティティ-を探すべく活動を微力ながら今後も続けて行きたいなと思いつつ、
夜桜を横目に久々の電車に緊張しながら帰路に着きました。

皆さんお疲れ様でした。これからも宜しくお願いします。
[PR]
by ykk-diary | 2009-04-11 22:11 | 古民家再生
台湾散策
今年初めて台湾を訪れました。
写真は宿泊したグランド ハイアット 台北のロビ-の内観です。広々としていて気持ちの良い
空間でした。場所が商業地の中心部から離れた官庁街の近く為、比較的静かでホテルへ戻ると
とても落ち着く雰囲気です。スタッフの対応も親切で気持ちが良かったです。
部屋のインテリアも華美でなく、シックでありながら品のあるデザインでした。
部屋も広く、台北へ行く方には是非お薦めしたいホテルです。



[PR]
by ykk-diary | 2009-04-08 10:39 | 視察・取材(国内外)
自然素材の家づくり 戻る 進む ページの一番上に