bird

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
東日本大震災
古民家再生
自然素材を考える
スイス・イタリア視察
オ-ストリア・エコバウ視察
スペイン視察(モデルニスモ)
シチリア島視察
フランク・ロイドライト視察
アンコールワット視察
スリランカ視察
視察・取材(国内外)
まちづくりを考える
デザインを考える
伝統技術
木造住宅耐震診断
薪スト-ブ
手作り家具
美味しいお店
展覧会
お薦めの本・音楽
建築相談
監理のポイント
褒章・受賞
雑誌・新聞掲載
ご挨拶
雑記
ベトナム視察旅行
その他
保育園関係
ルイス・バラガン視察
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日々の記録です。
by ykk-diary
ブログ 無料相談 事業実績 ツイッター フェイスブック カーサココチ
カテゴリ:デザインを考える( 13 )
木の材種と空間のイメ-ジ
木は材種によって、その素材の持つイメ-ジが大分違います。部屋全体で材種や色を揃えると、部屋へ一歩入った時に感じる空間の印象が自然な感じに映り、空間の持つクオリティがかなり上がります。部屋のコンセプトを決めたうえで床材、巾木、廻り縁、枠材、そして家具の材種を選択することがポイントです。

この枠材はピ-ラ-と呼ばれる米松の柾目です、この部屋は天井に松板、上部の差し鴨居も地松
と全体を松でまとめています。
a0130052_1782222.jpg


こちらはタモ材の枠です、木製キッチンがタモで製作しますので、全体をタモでまとめています。
床材はタモに近い目の栗を張っています。キッチンが加わると表情が統一されます。
a0130052_179378.jpg


天井の梁を現しにして、天井に杉の赤身を張りました。既存の梁や柱に合わせた色見を用いしました。元々は梁の下に天井が張ってありましたが、梁を現して船底天井としました。ボ-ドの部分は珪藻土を塗ります。
a0130052_179576.jpg

[PR]
by ykk-diary | 2012-08-22 17:53 | デザインを考える
園児用木製ロッカ-、評判上場です!
はなのわ保育園の年長さん用の木製ロッカ-です。
下がベンチになっていて座って着替えができます。使い勝手が良いと評判が上々です。
下段の色とりどりの箱は、園児が手作りで作りました。中には着替えが入っているそうです。
とても個性的でいいですね。
a0138757_16391847.jpg

[PR]
by ykk-diary | 2012-05-23 16:42 | デザインを考える
世界の名建築:スルタンアフメト・モスク
世界遺産スルタンアフメト・モスク (別名:ブル-モスク):イスタンブ-ル
私が見た建築の中でトップ3に入る名建築です。
1616年に建てられたモスク(イスラム寺院)です。設計はイスラム建築界の巨匠ミマ-ル・スイナンが行いました。スイナンの建築の中でも最高傑作であり、同時にオスマン建築の代表作ともいわれています。直径31メ-トルのド-ムを八本の柱で支える構造で、巨大な建造物ですが見る物に圧迫感を与えない傑作です。
何よりも、最高のモスクとしていまだに市民の祈りの場として、使われ続けていることが素晴らしいと思います。やはり、建築は使われ始めて意味があるのだと思います。
a0138757_96487.jpg

[PR]
by ykk-diary | 2012-04-18 09:07 | デザインを考える
保育士さんたちとディスカッション
本日は、計画中の保育園舎のプランニングについて、保育士さんたちと約90分に亘り
ディスカッションを行いました。私の提案したプランを基に、乳児担当、幼児担当、給食担当などなど、それぞれの担当のエリア及び全体計画などについてご質問、ご意見、ご要望を頂きました。もう少し意見交換を行うと、少しづつ見えてくる感じでした。
本日の内容をまとめて、プランを調整して、再度打ち合わせを行います。
もう少し、生みの苦しみが続きます(笑)
a0138757_17372811.jpg

[PR]
by ykk-diary | 2012-03-12 17:37 | デザインを考える
内装材のコ-ディネイトを行いました。
工事中のはなのわ保育園(ひたちなか市)、内装材のコ-ディネイトを行いました。
最初にある程度パ-スで色を決めた後に、実際のサンプルを見ながら材料の微妙な色を決定していきます。各部屋の目的や特徴に合わせて雰囲気を作り、併せて全体のバランスも確認します。決定したものを部屋ごとに写真のようにプレゼンボ-ドを作成し施主にプレゼンします。
今回は床の塗装色(檜)、壁の珪藻土及び腰壁の色、天井の珪藻土、クロス等の色を決定しました。つづいてタイルの柄を選んでいきます。保育園の場合タイルの量が結構あります。
a0130052_923128.jpg

[PR]
by ykk-diary | 2012-02-21 09:49 | デザインを考える
杉型枠コンクリ-ト
最近のコンクリート打ち放しは技術が上がったせいか綺麗過ぎて無機質に感じます。写真は杉板型枠を使ったコンクリート打ち放しの現場です。決して綺麗な仕上げではありませんが、触って見たくなるような自然な質感や、古い地層のようにも見え、そしてどことなく懐かしさも感じる表情です。
私は普段は木や漆喰といった素材で建物を設計していますが、コンクリ-トの表情も非常に多様性があり、素朴な木や塗り壁などと合わせて使うことでより魅力的な表情になることが分かりました。
a0138757_13511129.jpg

[PR]
by ykk-diary | 2011-06-30 14:02 | デザインを考える
日本の建築は屋根をデザインし、ヨ-ロッパの建築は窓をデザインする
と聞いたことがあるが、確かに欧州には魅力的な窓が目につきます。

a0138757_21402999.jpg

a0138757_21491045.jpg

a0138757_21465536.jpg

[PR]
by ykk-diary | 2010-10-13 21:46 | デザインを考える
ア-トの力
最近、美術館が地方の活性化のキーになるケースが増えています。
アートをどう活かすかがこれからの地域経済に繋がって行くのでしょうか?
バスク自治区の首都ビルバオのグッツケン・ハイム美術館は素晴らしい
と知人から聞きました。
フランク・ゲ-リーが一躍、世界的な建築家に評価されたとか!
寂れたバスクの港町が美術館へ年間100万人以上の観光客で賑わいを
見せているそうです、是非行ってみたいものです。
日本でも金沢や青森が同じく美術館で活性化している良い例です。
a0138757_21125894.jpg

[PR]
by ykk-diary | 2010-06-07 21:07 | デザインを考える
プレゼン
某動物病院のプレゼンを行いました。写真はエスキ-ス(簡単なイメ-ジ)模型です。
オ-ナ-はディズニ-的jなメルヘンチックな雰囲気が希望です。
宮沢賢治の注文の多い料理店をイメ-ジしてしましました。気に入っていただけ
ければ幸いです。
a0138757_19492238.jpg

[PR]
by ykk-diary | 2010-03-11 19:49 | デザインを考える
和洋
最近設計をしていて、空間や外観について和と洋の違いについて考えることが多くなりました。
下の写真は2年前にフィレンツエを訪れたときに気になってとった写真です。
軒下のデザインは、いわゆる化粧垂木という日本の伝統的な表現とかなり近い表現ですが
なぜか微妙にデ゙ィテイ‐ル違い、やはり洋なのです。日本人は、いまなぜかこの微妙な違い
の行ったり来たりの空間バランスに心地良さを感じているようです。
a0138757_2241347.jpg

[PR]
by ykk-diary | 2009-12-07 22:50 | デザインを考える
自然素材の家づくり 戻る 進む ページの一番上に