bird

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
東日本大震災
古民家再生
自然素材を考える
スイス・イタリア視察
オ-ストリア・エコバウ視察
スペイン視察(モデルニスモ)
シチリア島視察
フランク・ロイドライト視察
アンコールワット視察
スリランカ視察
視察・取材(国内外)
まちづくりを考える
デザインを考える
伝統技術
木造住宅耐震診断
薪スト-ブ
手作り家具
美味しいお店
展覧会
お薦めの本・音楽
建築相談
監理のポイント
褒章・受賞
雑誌・新聞掲載
ご挨拶
雑記
ベトナム視察旅行
その他
保育園関係
ルイス・バラガン視察
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日々の記録です。
by ykk-diary
ブログ 無料相談 事業実績 ツイッター フェイスブック カーサココチ
古民家再生展を終えて

東日本大震災の年(2011年)に初めて開催し、第4回目となる「茨城の古民家再生展」を開催させて頂きました。今回は古民家再事例の展示と共に、古民家と共に大切に使われてきた、アンティーク家具や本物の古材もご覧いただきました。

開催期間中(3日間)は、延べ450名を超える方々にご高覧をいただく事が出来ました。心より感謝申し上げます。

来場いただいた方には、古民家に住まわれている方、かつて民家に住んでいた方、いつか古民家に住んでみたい方、古民家に携わっている大工さん、左官屋さん、建具屋さんなどの職人さん、古民家が好きな20代や30代の若い世代の方、行政マン、シンクタンクの研究者など幅広くいらっしゃいました。

古民家には現代の規格型住宅にはない、住手にも関わった作り手(職人)にも共に誇りがあり、同時に民家の存在は、所有者はもとより、その地域の人たちの結びつきを深くし、アイデンティティを高める事に繋がっています。また歴史的資源と連動することで、訪れた方々と地域の関係性がより深い部分で理解しあうことができ、新たな人と人の交流が生まれる拠点としての可能性も強く感じました。

様々な方とお話をさせて頂く中で、改めて地域における古民家の役割と潜在的価値の高さと、これからの地域と人の暮らしとの関係性について、考えるきっかけとなりました。

約20年に亘り、古民家の調査・保存や再生に携わってきた中で、バブル時代を過ぎ、東日本大震災を乗り越えて尚、茨城に残された古民家に出会い、試行錯誤しながら再生へと向かいました。

スクラップ&ビルドの時代から、本物のデザイン、本物の価値、本当の豊かさを、問われる時代に来ています。 様々な障壁を乗り越えながら、さらにより良い地域と建築の関係性へ思考を重ね、次世代へと「つなぐ」発信を続けて行きたいと思います。


[PR]
by ykk-diary | 2017-10-21 20:00 | 古民家再生
自然素材の家づくり 戻る 進む ページの一番上に