bird

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
東日本大震災
古民家再生
自然素材を考える
スイス・イタリア視察
オ-ストリア・エコバウ視察
スペイン視察(モデルニスモ)
シチリア島視察
フランク・ロイドライト視察
アンコールワット視察
スリランカ視察
視察・取材(国内外)
まちづくりを考える
デザインを考える
伝統技術
木造住宅耐震診断
薪スト-ブ
手作り家具
美味しいお店
展覧会
お薦めの本・音楽
建築相談
監理のポイント
褒章・受賞
雑誌・新聞掲載
ご挨拶
雑記
ベトナム視察旅行
その他
保育園関係
ルイス・バラガン視察
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日々の記録です。
by ykk-diary
ブログ 無料相談 事業実績 ツイッター フェイスブック カーサココチ
子ども子育て支援制度フォーラムに参加して
平成28年度子ども子育て支援制度フォーラムに参加してきました。
http://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/event/forum/2016/index.html

フォーラムの中で、大阪市の企業主導型保育事業者様より、事例報告
(下記の内容)のがあり、新たな保育の可能性として、とても関心を持
ちました。

日本では、子どもの保育園のことは、ほとんどが母親任せの状況かと思
います。
しかし、企業主導型保育園は職場と保育園が隣接するケースが多く、
その為、父親の会社通勤(車利用でのケース)と、併せて子どもを保育園
に送迎ができます。
そして、業種によっては父親と子供が一緒に昼食をとることもでき可能です。
これまでは母親任せであった育児に、父親が積極的に参加する機会が可能に
なるかもしれません。
そうなると、母親はその分育児から手が離れるので、買い物や夕食の準備
など、時間に余裕が出てきます。
その結果、父親と母親の育児へのバランスがとてもよくなるのではないでし
ょうか。
また、保育士さんのオーバーワークが、社会問題となっていますが、
その負担の一部を、会社のスタッフがカバーすることができます。
保育士さんの労働環境の向上は、保育士さんの人材確保にもつながると
同時に、子どもたちと会社のスタッフ間に、良いコミュニケーションが
とれ、職場における人間関係の向上にも繋がってくると思います。

以上は抜粋した内容です。現在、企業主導型保育事業の計画を行って
いる中で、既存の保育園とは違った、様々な課題にも直面しますが、
時代のニーズに合った新たな保育の可能性も期待ができることも感じ
ています。
今回のフォーラムを通して、これからの「子ども子そだて支援」及び
「少子化問題」には、父親・民間・行政・企業の連携がとても大切で
あるこを際認識しました。



[PR]
by ykk-diary | 2017-03-25 17:26 | その他
自然素材の家づくり 戻る 進む ページの一番上に