bird

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
東日本大震災
古民家再生
自然素材を考える
スイス・イタリア視察
オ-ストリア・エコバウ視察
スペイン視察(モデルニスモ)
シチリア島視察
フランク・ロイドライト視察
アンコールワット視察
スリランカ視察
視察・取材(国内外)
まちづくりを考える
デザインを考える
伝統技術
木造住宅耐震診断
薪スト-ブ
手作り家具
美味しいお店
展覧会
お薦めの本・音楽
建築相談
監理のポイント
褒章・受賞
雑誌・新聞掲載
ご挨拶
雑記
ベトナム視察旅行
その他
保育園関係
ルイス・バラガン視察
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日々の記録です。
by ykk-diary
ブログ 無料相談 事業実績 ツイッター フェイスブック カーサココチ
夏季休暇のお知らせ
明日8/11から8/15まで夏季休暇とさせて頂きます。
休暇中に頂いたお電話やEメール等につきまして、は8/16以降に順次ご返信を
いたします。

宜しくお願いいたします。

[PR]
# by ykk-diary | 2017-08-10 09:16 | ご挨拶
里海邸が「絶景オーシャンビュー国内宿5選」に
ハーパーズ バザー配信のYahooNewsで「絶景オーシャンビュー国内宿5選」として、
私が設計させていただきました、大洗町にございます里海邸金波楼本邸が紹介されました。
紹介された宿のなかで里海邸は関東では唯一の宿です。ぜひ一度訪れてみてください。
a0138757_11364341.jpg

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170715-00010002-bazaar-life
http://www.satoumitei.jp/ (里海邸公式サイト)

[PR]
# by ykk-diary | 2017-07-16 11:21 | その他
木造の園舎見学&セミナーを開催いたしました
先週6/21(水)、「木造の園舎見学&セミナー」を開催いたしました。
今回の見学会場は、弊社で設計・監理をさせて頂き今年4月に開園されました、
日立市の「南高野保育園」様にて行わせて頂きました。

前回から引き続き、今回も保育関係様並びに市町村役所の方々等、大勢の方々
がご参加くださいました。
時節柄、朝から雨が降る中お集まり頂き、大変有難く御礼申し上げます。

はじめに、学童棟にて木造園舎セミナーを行わせて頂きました。
学童棟は、学童保育および子育て支援を行うための場所として、保育棟と別棟に
新築いたしました。
学童棟2階には弊社にて設計監理を行わせて頂いた施工例の展示も行いました。
a0138757_14054779.jpg

セミナーでは、
園長の長谷川先生より木造の園舎づくりのコンセプトや、
保育への素晴らしい思いをお話頂き、とても有意義な時間となりました。
a0138757_14062897.jpg

また、私より木造園舎について、今なぜ木造建築が良い環境なのか、
日頃、子どもの空間設計において考えている事などを皆様に
お話しさせて頂きました。
a0138757_14064225.jpg


その後、保育棟の見学会を行わせて頂きました。

この日は、通常保育の日でしたので、現場で働く保育士さんや栄養

士さんなどからもお話が伺え、また実際に子どもたちが木造園舎で

過ごす様子も建物と合わせてご覧頂く事が出来ました。

a0138757_14065496.jpg

a0138757_11521414.jpg

今回もご参加頂きました皆様それぞれに、じっくりとご見学頂き、
それぞれの立場から、多岐にわたるご意見やご質問等をお受けする事
が出来ました。

また、今後もこのように皆様にお会い出来る機会をもうけさせていただき、
頂いた貴重なご意見を今後の園舎づくりへ活かして参りたいと思います。







[PR]
# by ykk-diary | 2017-06-29 13:04 | 保育園関係
落成式にお招き頂きました
先月、鹿嶋市の"病児室もみの木"様の落成式にお招き頂きました。
あたたかな雰囲気の素敵な落成式で、沢山の方々と共に建物の完成を祝福いたしました。
また、感謝状やサプライズで大きな花束まで頂戴いたしました。
あたたかな皆様と共に、子ども達を見守る建物の設計に携われた事に、改めて感謝致しました。

a0138757_11462773.jpg
a0138757_11444417.jpg
もみの木様は、これから益々地域に広く認知され、多くのお子様を受け入れられる事と思います。
子育て世代の保護者にとって、子どもの病気など、いざという時でも安心して預けられる場所が
あるという事は、とても大きな支えとなります。

病児室もみの木様が職場復帰や新たな就労のきっかけとなり、益々の地域発展へ繋がる事を願っております。
a0138757_11452666.jpg
a0138757_11450902.jpg




[PR]
# by ykk-diary | 2017-06-15 09:16 | 保育園関係
手作りの感謝状を頂きました。
昨日は、私が設計をさせて頂いた、日立市の南高野保育園様の落成式に出席させて頂きました。
式典(園児の司会進行)の中で、子どもたちから素敵な手作りの感謝状を頂きました。
設計者として、とても幸せな気分でいっぱいになりました。
また、園児のお母さんからは、「子どもが保育園から帰ってくると
良い木の香りがして、思わず抱きしめてしまいます」とのお話しを頂きました。

a0138757_07463137.jpg

保育園の写真は出来上がりましたら、ホームページにアップいたしますので、御覧頂ければ幸いです。

[PR]
# by ykk-diary | 2017-04-30 07:45 | 保育園関係
インターンシップ
今年に入り、インターンシップの学生が2月と3月に1名づつ
来られました。また3月には日本工業大学のK君(埼玉県在住)
が、事務所見学に来てくださいました。

2月は東京理科大学建築学科のA君(新4年生:千葉県在住)
が1週間、3月は日本大学工学部建築学科のK君(新4年生:
茨城県在住)が2週間来られました。

作業内容は、模型作成や実測図を基にした古民家の図面化(CAD)、
、また弊社スタッフに同行して、工事現場を見学していただくなど
を体験して頂きました。

将来、建築士を志す学生の皆様には、できるだけ業務内容をオープン
にしていきたいと考えています。
建築士事務所の業務内容は、幅広く多岐にわたるため大きなギャップ
もあるかと思います。また、各事務所による専門性や、勤務形態・処遇
、職場の雰囲気も大きく異なりまので、可能であれば、職場体験や事務
所見学をした上で、選択すると良いと思います。

これからインターンシップを希望される方は、以下をご確認の上ご応募
ください。
・履歴書と志望動機を事前にEメールまたは郵送して下さい
・通勤は原則として公共交通の利用をお願いしています(要相談有り)
・勤務時間は9時30分~5時30分を基本といたします(要相談有り)
・期間は連続して1週間以上で2週間以内を原則とします(要相談有り)
・筆記用具、昼食は持参して下さい
・作業内容は事務所の指示によります
・服装は原則自由です
・交通費、労務費の支給はありません

[PR]
# by ykk-diary | 2017-04-03 13:02 | その他
ルイス・バラガン建築視察
メキシコシティにてルイス・バラガンの建築を視察してきました。
「サン・クリストバル」 メキシコシティ郊外
宿泊先のホテル(ポランコ地区)から、タクシーで約30分で到着
しました。
高級住宅街の中にあり、先ずこのゲートで門番に見学の予約済を伝えると、
確認の為か約3分ほど待たされた後に、ゲートが開き通過できました。
a0138757_09534068.jpg
サン・クリストバル邸の入口の門です。
a0138757_09571142.jpg

見学料は1人300ペソ(約1800円)でした。私は6人で行きましたが、
一人の場合は1500ペソとの案内でした。
管理人のおじさんです。この方に見学料を払います。一見怖そうですが、
とても明るく気さくな方でした。
安藤忠雄氏やザハ・ハディド氏も案内したと言っていました。

a0138757_09584547.jpg
馬に乗った時の目線を考慮して壁のプロポーションを決めたとの事です。
管理人のおじさんがスイッチを入れると、赤い壁から滝にように水が
勢いよくほとばしり、一気に高揚感が高まります。

a0138757_10025330.jpg
高級住宅地内にあって、馬場と公園が一体となったような広大なスペースを、禅寺の様なシンプルで静寂且、完璧なバランスで設計したバラガンは驚愕に値します。同じ思いを15年前に落水荘を見た時も感じました。両者ともに天才だと納得しました。(笑)
a0138757_10042922.jpg

a0138757_11410322.jpg
a0138757_11445826.jpg
a0138757_10054700.jpg



ルイス・バラガン自邸(世界遺産)
幸運にも、日本語を話せるメキシコ人の女子大学生(建築専攻)が
ボランティアでここに来ており、私たちを案内して下さいました。


玄関扉を入りやや暗い通路をとおって、この光が差し込む
吹き抜けのホールへと続きます。
a0138757_13110541.jpg
リビングルームはライブラリーまで続く大きな空間で、
思った以上に天井が高く(2層吹き抜け)西側の庭に大きくガラス面で開かれた開放的な空間です。
大きな空間ですが、まったく威圧感は無く落ち着きを感じました。

a0138757_13123357.jpg
置いてあるアートも超一流のアーティストの作品でした。
a0138757_13115163.jpg

a0138757_13140222.jpg

a0138757_13170667.jpg

a0138757_13363454.jpg


a0138757_13391827.jpg

エントランス付近の写真です。外観はとてもシンプルというかそっけない感じでした。
私の隣の小柄な女性が案内して下さった大学生です。とても感じの良い方で、日本の
文化に興味があり、日本(東京・京都)を旅した経験があるとのことでした。
a0138757_13443908.jpg



[PR]
# by ykk-diary | 2017-03-29 10:08 | ルイス・バラガン視察
子ども子育て支援制度フォーラムに参加して
平成28年度子ども子育て支援制度フォーラムに参加してきました。
http://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/event/forum/2016/index.html

フォーラムの中で、大阪市の企業主導型保育事業者様より、事例報告
(下記の内容)のがあり、新たな保育の可能性として、とても関心を持
ちました。

日本では、子どもの保育園のことは、ほとんどが母親任せの状況かと思
います。
しかし、企業主導型保育園は職場と保育園が隣接するケースが多く、
その為、父親の会社通勤(車利用でのケース)と、併せて子どもを保育園
に送迎ができます。
そして、業種によっては父親と子供が一緒に昼食をとることもでき可能です。
これまでは母親任せであった育児に、父親が積極的に参加する機会が可能に
なるかもしれません。
そうなると、母親はその分育児から手が離れるので、買い物や夕食の準備
など、時間に余裕が出てきます。
その結果、父親と母親の育児へのバランスがとてもよくなるのではないでし
ょうか。
また、保育士さんのオーバーワークが、社会問題となっていますが、
その負担の一部を、会社のスタッフがカバーすることができます。
保育士さんの労働環境の向上は、保育士さんの人材確保にもつながると
同時に、子どもたちと会社のスタッフ間に、良いコミュニケーションが
とれ、職場における人間関係の向上にも繋がってくると思います。

以上は抜粋した内容です。現在、企業主導型保育事業の計画を行って
いる中で、既存の保育園とは違った、様々な課題にも直面しますが、
時代のニーズに合った新たな保育の可能性も期待ができることも感じ
ています。
今回のフォーラムを通して、これからの「子ども子そだて支援」及び
「少子化問題」には、父親・民間・行政・企業の連携がとても大切で
あるこを際認識しました。



[PR]
# by ykk-diary | 2017-03-25 17:26 | その他
自然素材の家づくり 戻る 進む ページの一番上に